コロナ禍の漠然としたお金の悩みから解放し、
本業に専念できる環境を。

感覚による経営判断ゆえの漠然とした不安を、経営数値分析から真の経営課題を導きだすことで解消し、
経営者のビジョンの実現化をサポートします。

キャッシュフロー経営&財務コンサルティングについて

企業経営者の方

キャッシュフロー経営管理 キャッシュフローコーチとは、経営数字を使って、経営者の本業の発展に貢献するコーチです。 主に次の2つの役割を担います。 経営者の意思決定の判断基準や根拠を裏付けすることで、実践を後押しする。
決算対策の立案・実行支援サポート 毎月の資金管理や事業計画の状況管理だけでなく、プロアスリートの生活安定化対策から発案された、短期間に大きく稼ぐが、収入が安定しない個人事業主・中小企業の節税対策のご提案をさせて頂きます。

突発的な大きな収益が出た、来期は同じ様な収益は出そうもない。

コロナ禍の様な、売上が下がり経営が厳しい状態で、決算のタイミングで利益が出てしまった、出来る事なら税金を抑え、来期の事業資金にお金を使いたいなど、この様なニーズにお応えできる対策を準備しています。 

ご自身でその様な知識を得たいと思われる経営者向けに勉強会(セミナー)なども定期的に開催しています。

新規事業計画の立案支援 キャッシュフローコーチは「単に数字を分析する」専門家ではなく、
「経営数字を意思決定のツールとして使う手助けする」専門家です。

そのためには、経営者が目指すビジョンを言語化したり、
その実現のためのはじめの一歩を具体化する手助けもします。

今までやりたかったことが進まなかったのは、もしかすると、
「重要だけど緊急ではない」ことに時間を割けずにいたからではないでしょうか。

しかし、キャッシュフローコーチとの毎月の面談が習慣化すれば、
そんな先送り癖もオサラバです。

キャッシュフローコーチと向き合う時間は、
実は経営者が自分と向き合う時間でもある のです。

ビジョナリープラン(ミッション、カンパニースピリッツ、セルフイメージ)の策定1年スパンのキャッシュフロー計画表の策定と運用および社員向けのお金の勉強会を、御社のお困りごとにあわせて柔軟に提供しています。

経営ビジョンの策定及コーチングによる経営サポート 経営者のビジョナリープラン(ミッション、カンパニースピリッツ、セルフイメージ)に基づき実践する
キャッシュフローコーチのノウハウを活かし、

中小企業経営者に多い根拠のない感覚経営、ドンブリ経営ゆえの漠然とした不安や、社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレを解消して、社長のビジョンの実現化をサポートします。
カンパニースピリッツ安心安全ポジティブな場づくりセルフイメージわたしたちは、クライアントの社外CFOとして経営数字を使って社長の本業の発展をサポートする業務を行います。

経営者と社員一体型、経営に必要な社内研修の企画・運営サポート 顧問先の社員向けにお金の勉強会をすることで、社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレを第三者的に縮め、ベクトルを揃える。
その他(資産形成・資産防衛に関する提案サポート) 経理の受託はもちろん、会計指導も行います。節税対策もお任せください。

キャッシュフロー経営・社外財務顧問(CFO)について

中小企業法人・個人事業主を問わず、CFコーチング 税務対策、会社経営、社員研修、全参加型経営を全力支援。 お客様の事業の成長に寄与します。

1年間の経営活動にともなうお金の流れを、
1枚のシートで俯瞰できる「キャッシュフロー計画表」を策定します。
はじめの3カ月間でこれをつくった後は、経営の舵取りはこれ1枚でOK!
社長はもはや、小難しく何枚にもわたる決算書や試算表を読む必要がなくなります。
なぜなら、これ1枚の中に経営の意思決定に必要な情報がすべて盛り込まれているからです。
そのあとは月に1回、顧問税理士がつくってくれた試算表のデータをキャッシュフローコーチに送るだけ。
月1回のコーチとの面談にて、その数値目標の達成状況を確認しつつ、日常の経営課題、とりわけその時点での「お困りごとトップ3」についてコーチングを行います。

会社経営においても、結果を確実に出すために、適切なサポートを行う専門のコーチが必要です。 つまり、社長は月に1回、キャッシュフローコーチと会った日だけお金のことを考えて、残りの29日間は、お金の悩みから解放されて本業に専念できるのです。

ミッションわたしたちは、ドンブリ経営ゆえの漠然とした不安や、社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレを解消して、社長のビジョンの実現化をサポートします。カンパニースピリッツ安心安全ポジティブな場づくりセルフイメージわたしたちは、クライアントの社外CFOとして経営数字を使って社長の本業の発展をサポートするキャッシュフローコーチです。
ビジョナリープラン(ミッション、カンパニースピリッツ、セルフイメージ)の策定1年スパンのキャッシュフロー計画表の策定と運用および社員向け社内研修(全社員一体型の目標達成を目指す、理想の会社創りの研修)・お金の勉強会を、御社のお困りごとにあわせて柔軟に提供しています。

キャッシュフロー経営で行うこと

≪①違いを理解する≫
≪②現状把握をする≫
≪③部門ごとに詳細を把握し、課題を抽出する≫
≪④根拠ある目標設定を行う≫

キャッシュフロー経営&社内研修・Taxプランニング料金表

ESS 財務コンサルティング & 社内研修・ キャッシュフロー経営コーチング料金表

取扱メニュー(対応内容) 対応回数(時間) 料金(税別)
A:事業計画の作成1回4時間+ZOOM相談※年12時間まで(キャッシュフロー経営分析) 年1回4時間 36万円~
B:事業計画の作成1回4時間+ZOOM相談※年12時間まで+半期の計画GAP確認1回3時間  (ビジョン・事業目標の設定、キャッシュフロー経営分析、GAP確認1回) 4時間×1+3時間×1回 75万円~
C:事業計画の作成1回4時間+ZOOM相談※年18時間まで+3ヶ月に1回の計画GAP確認3回    2時間 (ビジョン・事業目標の設定、キャッシュフロー経営分析、財務相談) 4時間×1+2時間×3回 150万円~
D:事業計画の作成1回4時間+ZOOM相談※年24時間まで+2ヶ月に1回の計画GAP確認5回    2時間(ビジョン・事業目標の設定、キャッシュフロー経営分析、財務相談) 4時間×1+2時間×5回 180万円~
E:事業計画の作成1回4時間+ZOOM相談※年24時間まで+毎月1回の計画GAP確認 11回  2時間(ビジョン・事業目標の設定、キャッシュフロー経営分析、財務相談) 4時間×1+2時間×11回 月18万円~
F:事業計画の作成1回4時間+訪問相談※年24時間まで+毎月1回の計画GAPの確認 11回  3時間(ビジョン・事業目標の設定、キャッシュフロー経営分析、財務相談、年1回の社内研修の実施) 4時間×1+3時間×12回 月24万円~
G:社外顧問(社外CFO)として、Fの業務及び商談の同席、社内の重要な会議 イベントに参加する、年1回の社内研修の実施、一般社員向けお金の相談会(年2回まで) 4時間×1+3時間×12回+α 月30万円~
※※以下、追加オプションサービス※※(単発でのご依頼も可能。) 対応回数(時間) 料金(税別)
◆H:管理職向け社員研修(事業目標の共有&計画説明) 1回、6時間 35万円~
◆I:一般社員向け社員研修 (SWOT分析による現状把握、事業目標の共有&計画説明) 1回、8時間 60万円~
◆J:一般社員向けサービス(お金の相談会8時間年2回まで) 1回、8時間×2回 25万円~

◆K:資産防衛の相談(ライフプランニング、保険相談、対策のご提案)

1回(2時間)    年間契約

5万円〜 36万円〜

◆L:資産形成の相談(投資商品の分析、投資相談、資産形成のプランニングなど)

1回(2時間)   年間契約

5万円〜 36万円〜

◆M:節税対策の調査及びプランニング(調査費・導入コンサルまで)

単発     リピート

対策金額の15%/3~6%

 

※会社の規模・社員数・拘束時間により料金が変動いたします。 ※上記、G、H、I、J、Kは別途契約が必要になります。 ※上記、KはCFコーチング契約者には契約内容により割引いたします。 ※顧問契約先については、節税プランニングの割引がございます。(割引率はプランにより、10%~50%までございます。)


短期間に大きく稼ぐ業種(プロアスリート・芸能人・クリエイター・漫画家・芸術家など)で収入が不安定な方の生活安定化対策について、専門的なノウハウを持って対応しています。 中小企業経営においても、突発的な大きな収益に対する対策などを知らない経営者が多く、 間違った経営判断で会社運営に大きなマイナスや危機的状況に落としてしまうケースがあります。 その様な事にならない様な対策相談や経営者向けの勉強会なども開催しておりますので、ご興味のある方は是非勉強会などにご参加ください。 https://setsuzei.pro/


日本キャッシュフローコーチ協会について

日本キャッシュフロー協会について

お客様から本当に必要とされる存在に 私たちはお客様目線のサービスを心掛けております。お客様のビジネスを全力サポートし、お客様にとってかけがえのないパートナーとして信頼頂けるよう日々業務に励んでおります。私たちはお客様目線のサービスを心掛けております。お客様のビジネスを全力サポートし、お客様にとってかけがえのないパートナーとして信頼頂けるよう日々業務に励んでおります。

一般社団法人 日本キャッシュフローコーチ協会 代表理事(創業者) 和仁 達也

お客様から本当に必要とされる存在に
クライアントの「ビジョンの実現化」をサポートするという、直球勝負なテーマに真正面から向き合い、「ビジョナリーパートナー」というセルフイメージでコンサルティング会社を立ち上げて、早20年以上が経ちました。 今だかつてないほど激変する経営環境の中、経営者もビジネスパーソンも、ややもすると目の前の現実に圧倒され、本来の志を忘れかけてしまいかねません。でも本当は、ピンチに陥って危機感で急き立てられる経営ではなく、ワクワク心が奮い立つようなビジョンに導かれる経営を実践したい人は多いはず。 そんな信念のもと、これまで個別コンサルティング、セミナーや講演、執筆などを行ってきました。そして、2015年には一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会を設立し、同じ志で動いてくれる多種多様なコンサルタントの仲間とともに、経営者や社員のビジョン実現化を支援しています。 今後はこれまでの経験を生かし、さらに未知な分野も開拓していきます。 我々の将来が、夢と勇気と希望に満ち溢れた世の中になることを願って。

2017.8.29(岐阜県多治見市) デンタルキャッシュフロープロジェクト 「キャッシュフローステップアップミーティング」について

みなさま、こんにちは! 協会活動レポートプロジェクトの熊澤です。
今回は、2017.8.29に岐阜県多治見市で行われた、デンタルキャッシュフロープロジェクトの
「キャッシュフローステップアップミーティング」の内容をレポートします。
デンタルキャッシュフロープロジェクトは、和仁先生のクライアントであり、
歯科医院向けにソフトウェアを提供する、株式会社プラネットさんとのジョイントのプロジェクト。
そのプラネットさんの本社がある岐阜県多治見市で、30名のキャッシュフローコーチが全国から集まり、
プラネットさんの社員も参加され、総勢50名近くで4時間にわたる長時間の熱いミーティングが行われました。
プラネット小池代表が、歯科業界の現状と未来、そしてプラネットのビジョンを熱く語る歯科業界の現状と未来を語る小池代表プラネット×日本キャッシュフローコーチ協会で魅力ある豊かな歯科医院の実現をサポートします!
まずは、小池代表より、歯科業界の現状についてお話し頂きました。
現在日本では、できてしまった虫歯や入れ歯の治療をメインに行う「治療型」歯科医院がほとんど。
ちなみに、歯科先進国であるスウェーデンでは、虫歯や予防という概念がすでにないそうです。
日本は歯科後進国であることも合わせて教えて頂きました。 そして歯科業界の未来を、こう語ってくれました。
●痛くなったら通う「治療型歯科医院」

●痛くなる前に予防する「予防型歯科医院」

●口腔内ケアを自分で行うことを推奨する「セルフケア処方歯科医院」

●口腔内から全身の健康を保つ「全身健康歯科医院」「わたしたちプラネットは 治療型から脱却して未来志向の歯科医院に向けに ソフトウェアを開発し提供します。
 キャッシュフローコーチのみなさんは キャッシュフロー経営で歯科医院を是非サポートして欲しい。
 歯科医院にはキャッシュフローコーチは必要です。」と、熱く語って頂きました。
プラネットさんと日本キャッシュフローコーチ協会は、ITとキャッシュフロー経営の両輪で、魅力ある豊かな歯科医院の実現をサポートしていきます!
Dental Cfアプリ最新バージョン&意見交換Deさんによる最新バージョンの説明とntal CF アプリの開発者の奥村さんと本田キャッシュフローコーチによるわたしたちキャッシュフローコーチの最重要ツールである、お金のブロックパズル。
これをiPadのアプリケーション「Dental Cf」として開発した、プラネットの奥村さんと本田さんから、最新バージョン説明とその使用感について、キャッシュフローコーチからフィードバックがありました。
Dental Cfは、医院全体の経営状態をすばやく直感的に理解することができる強力なツール。
最小限の入力の手間で、細かい数字に惑わされる事なく、経営判断に必要な指標を直感的に見ることができるアプリケーションです。 そしてこのアプリケーションはなんと無料! ぜひ活用してみてくださいね。
2つの歯科医院の事例をもとにグループワークグループに分かれてディスカッション着眼点がアイディアが次々と生まれました! 30名のキャッシュフローコーチがグループに分かれ、和仁先生がファシリテーターとなり、次の2つの歯科医院の事例をもとに、グループワークを行いました。
① ドンブリ経営で赤字に陥り、  このままでは破たんしてしまう。
  キャッシュフローコーチとして、  どうのように復活のシナリオを描くのか?
② 新規開業から3年で黒字転換するために  1日何人の患者数が必要か?
  お金のブロックパズルをもとにシミュレーション。
これだけ多くのキャッシュフローコーチが、具体的な事例をもとにディスカッションするのは、日本キャッシュフローコーチ協会が始まって以来かもしれません。
短時間ではありましたが、ユニークな着眼点やアイディアが出るわ出るわ、30名の「知の集結」は圧巻でした!
キャッシュフローコーチからの事例報告今仁さんと生岡さんからコンサル事例報告リアルなコンサル事例を聞く事は
最高の学びになりますね続いて、新規に歯科医院とキャッシュフローコーチ契約を結んだ、今仁豪造さんからは、進捗状況の報告。 既にキャッシュフローコーチとして関わって、クライアントがどうのように変容進化を遂げたのか? 生岡直人さんからは、その成果報告がありました。 
デンタルキャッシュフロープロジェクトは、始まってまだ2年のプロジェクト。
日本キャッシュフローコーチ協会は、これから多くの歯科医院に関わらせて頂き、魅力ある豊かな歯科医院の実現を サポートします!
ビジョンとお金を両立する講座「VDCC」講座開発メンバーと渾身の力作「講座レジメ」最後に、和仁先生が、
20年近くにわたり歯科医院の経営を支援してきた中で得た経験やノウハウを集大成した「ビジョナリー・デンタル・  キャッシュフロー・クラブ(VDCC)」という講座を、来年1月から、東京・大阪・名古屋で開催することが発表されました。
この講座は、院長のお金の悩みやスタッフの悩みを解消し理想の医院づくりを、強力にバックアップするための少人数制の6か月の講座です。
また、この講座で使用されるレジメは、野崎さんはじめ、ドキュメント制作チームによって作成され、レジメが配布され中身を見たときには、その完成度に驚きの声が上がりました。
来年もみな集まることを約束してプラネット本社にて記念撮影株式会社プラネットと日本キャッシュフローコーチ協会は、「魅力ある豊かな歯科医院」を実現し、「ビジョンとお金を両立し、 院長とスタッフが夢や人生観を語り合える世界」を目指していきます。 今後のデンタルCFプロジェクトを、是非ご注目ください!


お問い合わせについて

会社案内ページのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら


TOPに戻る

PAGE TOP